随時更新!金属3Dプリンターに特化したサイトなら金属3dプリンター制作会社の比較まとめ

3Dプリンターとはどんなもの

最近よく話題になっている3Dプリンターとはどんなものか、見たことがある方はまだ多くないかもしれません。この機械は普通のプリンターとは違い、紙を使うものではなく、樹脂や金属などを使って物を立体的に作り上げるプリンターの事を言います。

この技術が進む事で、どんな良いことがあるのでしょうか。今のところ、身の回りでは特に感じることはありませんが、部品を作る企業や効率よく製品を仕上げたい企業にとってはなくてはならない存在になることでしょう。

技術の進歩が喜ばれるなかで注意しなければいけないこともあります。外国ではネット上の銃の図面をモデルに3Dプリンターで作成し、実際に作り上げてしまった人もいました。銃が認められている国もそうでない国も驚きました。個人のモラルやマナーの問題であると共に、規制の対応が必要ですね。

SOLIZE Products株式会社

総合評価
★★★★★
サービス内容
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
満足度
★★★★★
掲載情報量
★★★★★

SOLIZE Products株式会社は、3dプリンターの販売とレンタルを行って20年以上の実績ある会社です。販売とレンタルのみならず、3D金属プリンターを用いた、設計、造形出力、二次加工、評価・試験まで、全ての工程おいて、お客さまの相談及び技術的質問に対してサポートさせていただいております。

SOLIZE Products株式会社では、3Dプリンターを用いた加工以外にも、切削加工、鋳造加工、注型加工、板金加工から塗装に及ぶ金属加工全般に関するエキスパートが、お客さまの相談・リクエストにお答えするためにスタンバイさせていただいております。

お客様サイドでの試作・量産以外にも、SOLIZE Products株式会社では、ラフスケッチなど二次元情報の3次元化、高精度3次元スキャナーを使用したリバースエンジニアリングまでご用命賜っております。また金属3Dプリンター、粉末造形機、光造形機、3dプリンター、お客様のご要望に応じた加工機での加工・試作サービスも賜っております。

ソディック

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
使いやすさ
★★★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★★★

近年、3dプリンターというものは私たちの生活に身近になりつつあります。また、その3dプリンターは進化をも遂げており、今後の活躍にさらなる期待がかけられています。そのなかでも、ソディックの「精密金属3Dプリンタリニアモータ駆動ワンプロセスミーリングセンタOPM250L」というものに注目が集められています。

この機種は、日刊工業新聞社主催の「2014年第57回十大新製品賞」と「2015年第45回機械工業デザイン賞日本力(にっぽんぶらんど)賞」、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しており、業界初であります。

トリプル受賞をしたことからも、業界における機体が伺えます。また、このソディックという会社は他の分野においても、「世の中にないものは自分たちで作る」という理念のもと、活動しており、今後の活躍が一層期待できます。

株式会社J-3D

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★★
使いやすさ
★★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★★

株式会社J-3Dで行っているサービスが高評価を得ています。3dプリンターを利用した受託造形サービスで、お好みやご利用用途に応じたデザイン、形態のものを短期間で造成できます。国内外からの評価があり、注文も増えています。

金属加工に適したサービスです。あらゆる金属類に対応していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。株式会社J-3Dの公式ホームページにはサービスに関する情報が掲載されていますので、サイトをご閲覧いただくだけでも情報を仕入れることができます。

詳細に関するお問い合わせは遠慮なく行っていただいて構いません。具体的な注文内容、ご希望の概要など決まっていましたら、お見積りもすぐにお出しできます。お見積りを出すことは無料で行いますので、すぐにでも見積もり請求をさせることをお勧めします。

白銅株式会社

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
使いやすさ
★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★★

白銅株式会社の提供する最新鋭の3dプリンターが話題になっています。金属加工に適したプリンターで、アルミニウム、ステンレス、銅、チタン、特殊鋼などの加工が可能です。試作品の製作効率が飛躍的に向上するでしょう。

24時間フル稼働で製造が可能で、企業としては時間短縮ができることでコストも低く抑えることができます。3dという立体造形の技術がもたらす恩恵は絶大なものがあり、見本、試作品をまずその場で短期間に作成できることで、企業PRや自社製品の社内情報普及率のレベルが格段に上がります。

また、現代では実際の製品製造にも用いられています。白銅株式会社の技術はどんどん進化していますので、建設部品、素材などの精製、また将来的には巨大なプリンターが建築物そのものを製造できる日が来るかもしれません。

システムクリエイト

総合評価
★★★
サービス内容
★★★★
使いやすさ
★★★
満足度
★★★
掲載情報量
★★★★

システムクリエイトの提供するサービスに、国内外からの注目が集まっています。金属加工の企業で、昨今は製造業に革命を起こすべく画期的な製品を製造・販売しています。特に今は3dプリンターに注目があつまっています。

こちらの企業では3Dプリンターの可能性を最大限に発揮すべく、まず使用用途の可能性を徹底的に研究しています。そのうえで、自社の技術を駆使して汎用性の高い良質な製品を生み出すことをされている企業です。当然、品質は非常に高いものが出来上がります。

3dプリンターを製造・販売している企業はたくさんありますが、こちらの企業で作っている機器の特徴は、リアルタイム粉末供給方式を採用しています。効率よくレーザーを当ててきめ細かい造形が可能です。対象の素材の形にとらわれない質の高い製品が製造できます。

松浦機械製作所

総合評価
★★★
サービス内容
★★★
使いやすさ
★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★★

工作機械を製造・販売している企業はたくさんあります。その中で昨今高性能・リーズナブルで評判が急上昇中の企業があります。松浦機械製作所です。金属加工の企業として発展・成長してきた企業ですが、昨今はこちらの企業の製造する3dプリンターが話題になっています。

まずは公式サイト、LUMEX Seriesをご閲覧ください。自社製品の情報や製品のリストなどをご確認いただけます。法人向けの情報提供もしていますので、ご不明な点は遠慮なくお問い合わせフォームからご連絡ください。

公式サイトから製品のカタログもワンステップでご請求いただけます。またお見積りのご依頼にもすぐに対応することができます。製造業にとって自社で利用する機器は重要です。良質なものを格安で取り入れるべく、良質な企業のサービスを利用しましょう。

3dプリンターで金属を使うことはできるのか

3dプリンターが大きな注目を集めていますが、現状では樹脂を使って造形するのが一般的です。樹脂は耐久性が低いという問題点がありますから、できれば金属を使いたいものですよね。金属を使って造形ができれば、3dプリンターの可能性はさらに広がっていくことが間違いないからです。しかし、現状ではまだ金属を使った3dプリンターはそう多くありません。どうしても表面がざらついてしまうので、その後ケアをしなければ使い物にならないのも普及していない理由の一つです。コストが高くつくという点も問題かもしれませんね。

現状では使える粉末の種類にも限りがありますから、自由に何でも作れるわけではありません。形も複雑なものは作れませんから、あと一歩のところで実用化には達していないと考えるのがいいでしょう。今後研究が進んでいくと、どんな素材ででも自由に造形ができるようになるはずですが、そうなるまでにはまだしばらく時間がかかりそうです。


3dプリンターで使える金属の種類

3dプリンターでは、金属も使うことができます。
ですが、何でもいいというわけではありません。メーカーによって指定が入ることも多いですし、データによっては使えないものも出てきます。まだ自由自在にすべての素材を使って、どんなデータでも形にできるわけではありません。 現在使える代表的な金属は、鉄やチタンでしょうか。他にもコバルトなどが利用可能なケースが見受けられます。
まだまだ使える素材は多くないのが現状ですが、今後は徐々にその数も増えていくことが予想されています。 将来的には、たいていの金属を使って自由自在に形を作っていくことができるはずです。しかし、そうなるまでまだ数年から十数年の歳月が必要になりそうです。

現状ではかなり自由度が低いですから、各研究機関の一層の努力が求められています。樹脂のみでの造形には限度がありますから、一刻も早く鉄ぐらいでは自由に造形がしたいものですね。


3dプリンターで金属を使うときの課題

3dプリンターで金属を素材として用いる場合の課題で一番大きいのは、コストが高くつくという点でしょう。本格的にレーザーで粉末を固めていく場合には、まず初期投資として一億円程度かかってしまいます。もちろん、消耗品の値段も非常に高いですから、一般家庭で使うことはまず不可能です。企業でも導入ができるところは限られているのではないでしょうか。 また、まだ表面を滑らかに造形することは難しいのが現状です。
どうしても表面がギザギザになってしまうことが多いので、その後の処理も大変になります。 また、熱によって変形をしてしまったりすることも多いですから、まだ実用化に至ったということはできませんね。

今後さらに何段階か改良を重ねていけば、実用に耐えうるようになるかもしれません。そうなれば、徐々に値段も下がっていくことでしょう。いつの日か、家庭で気軽に金属を使って3dプリントができる時代がやってくる可能性は高いです。

カテゴリー

▲ ページトップへ