教えて!クラウドファンディングの手数料

TOP > クラウドファンディングの手数料について > クラウドファンディングの主な種類とその手数料

クラウドファンディングの主な種類とその手数料

 クラウドファンディングは、出資をするサービスの1つになります。
何らかのプロジェクトや企画や法人に対して、お金を出資してみる訳です。
例えば何らかの企画に基づいて、会社を立ち上げるとします。
しかし会社を動かすにしても、お金が必要です。
そこでWEBのクラウドファンディングというサービスを活用して、お金を募っていく訳です。
ある意味募金のようなサービスですが、お金を出資した人物としては、利益額を受け取れるケースもあります。
会社の事業などが上手く行った時に、配当などを受け取るケースも多いです。
ですから資産運用を検討している方々は、クラウドファンディングで出資したいと考えている事もあります。
ただクラウドファンディングで出資する為には、手数料も支払う必要があります。
その手数料を比較している方も少なくありません。

 クラウドファンディングの手数料は、基本的にはパーセンテージ制になります。
10%や15%などの数字が定められていて、それに応じた手数料を支払っていく訳です。
その数字が大きいほど、多くの手数料が徴収される形になります。
例えば購入型のクラウドファンディングの場合、出資額は1口あたり10万円だとします。
それで10%の手数料がかかる場合、1万円分だけ支払う事になる訳です。
15%であれば、15000円といった具合になります。
また配当を受け取る時にも、手数料が徴収される事もあります。
その数字も、出資する商品や企画によって異なる訳です。
数字が高いかどうかを基準に、出資対象を選んでいる方も少なくあります。
ちなみにクラウドファンディングには、色々なタイプがありますが、それぞれ手数料の目安も異なります。

 そもそもクラウドファンディングといっても、色々な種類があります。
購入型や投資型などの種類があり、それぞれ手数料の目安も異なる訳です。
前者の購入型というクラウドファンディングの場合は、手数料は10%から20%台になっている事が多いです。
かなり幅がありますが、購入型のクラウドファンディングは非常に幅広いだけに、手数料の数字も非常に幅広いです。
また寄付型のクラウドファンディングですと、15%から20%ぐらいになる傾向があります。
融資型のクラウドファンディングは、手数料はそこまで高くはありません。
おおむね1%から5%ぐらいに設定されている事が多いです。
その他にも投資型というクラウドファンディングもありますが、基本的には10%から20%前後の手数料になっていて、別途で10万かかるケースが多いです。

次の記事へ

ページトップへ