教えて!クラウドファンディングの手数料

TOP > クラウドファンディングの手数料について > クラウドファンディング業者は手数料が大事

クラウドファンディング業者は手数料が大事

 クラウドファンディングというのはネットを介して様々な形での事業のための資金を募る事ができるサービスです。
きちんとした金融サービスの一つということになりますので利用すること自体は問題ないのですがそもそもクラウドファンディング業者というのがいくつもありますのでどのクラファン業者を選ぶのかということによって、大分違うことになります。
資金調達コストなのにモロに影響してくる部分がありますので、それは注意しておきましょう。
特にやることは運営会社が破綻してしまったりすると当たり前ですがとても面倒なことになりますのでそうならないように少しでも業者についての情報を集めてから決めるようにした方が良いでしょう。
つまりは、キチンとした経営をしているのか、といったことから見るようにしたほうがよいでしょう。

 クラウドファンディング業者を選ぶ時には送料なども考えなければならないわけで実はそんなに平均的に決められているというわけでもなく、業者によっては物凄く高いということもあります。
ですから、選ぶときにはいろいろな方面から選ばなければならないということにはなるのですが手数料はいくらであるのかというのは選ぶ時の大事な要素になるのは間違いないでしょう。
まず最初に基本の費用がかかり、そして出資金に対しての割合で料金が発生するというスタイルもありますし、基本の料金がなく、成立した出資金の割合のみということもあるわけです。
どちらがよいのかとは一概にいえることではないでしょう。
しかし、高いよりは安いほうがよいでしょう。
そのほうが出資する側もされる側にもメリットがあるわけです。

 クラウドファンディングの業者というのは当然手数料によって業態を成り立たせているということになるわけですが、そのときに注意したほうが良い事になるのが、誰が手数料を支払うことになるのかということです。
また、どんな時に手数料が発生するのかということも気になる部分でしょう。
そうした所を比較する必要性があります。
ちなみに今では多くのところが出資者に対して手数料負担を求めるということはほとんどなくなっています。
基本的にはまずは資金需要者の方に費用の手数料負担というのをやってもらうということが基本的な手数料スタイルになっていることが多いです。
また、基本的にはいくらまでお金が集められたらプロジェクト開始、となるわけですが集まらなかったらそのまま返金となることになります。

次の記事へ

ページトップへ