随時更新!金属3Dプリンターに特化したサイトなら金属3dプリンター制作会社の比較まとめ

TOP > コラム > 3dプリンターのメリットと潜在力

3dプリンターのメリットと潜在力

 プリンターと言えば、一般的にコンピュータで作成した文書や図面を二次元的に紙に印刷する機器を指します。
 3dプリンターは、コンピュータ上で作成した設計図を基に、平面に高さを加えて立体的にモノを造形する3次元プリンターです。モノの製造には、多額のコストがかかる金型や鋳型を使って、大型装置を利用しなくては製造できませんでしたが、3dプリンター1台で実現できます。すなわち、資金に乏しい中小企業や個人でも、造形したい形状のモノを簡単に作製せきるようにありました。
 また、コンピュータのデータを変更するだけで、様々なパターンで製造することが可能です。試作品も外注することなく、金型も鋳型も使うことなく、自社製造が可能となりましや。これにより、製作時間もコストも大幅に削減できます。


 この3dプリンターは、大きなモノから小さなモノまで、さまざまなモノづくりに活用できます。このため、モノづくり革命が期待されます。現状では、強度のなどの問題から使える材質が限られていますので、すべて実用になるとは限りません。
 しかし、例えば自動車のモノコックを作って空力実験を行うことがありますが、それも簡単にできます。別名、積層造形装置とも言われるように、一層一層、材料を積層していき造形していきます。
 企業としては、アイデアを図面で起こして製品化する前の試行錯誤を低コストで行うことができるようになりました。
 また、注文主に提案するときに、データを変更するだけで、マイナーチェンジ版のパターンを提供することができ、顧客の要望にも応えることができるようになります。
 この特性は、同一規格の大量製品よりも、オーダーメイド型の商品や製品への応用が期待されています。


 例えば、医療分野では、人工骨や義歯、義肢などの医療材料を使いますが、これらは患者によって異なります。
 オーダーメイドで作製しなければなりませんが、より精度が高い材料を提供することができ、患者の生活の質の向上に貢献することが期待できます。
 また、手術や病状を患者に話をするときに、リアルなモデルを使ってできますので、理解も得やすくなります。
 最近では、プリンターの価格が低下しています。100,000円をきるものも出ています。パソコン並みの値段で購入することができるようになりました。既に商品化されていますが、フィギュアやプラモデルの製造にも用いられており、精巧な商品が投入されています。
 自宅で、金属や樹脂などを使ってアクセサリーを造形することもできます。

カテゴリー

▲ ページトップへ