随時更新!金属3Dプリンターに特化したサイトなら金属3dプリンター制作会社の比較まとめ

TOP > コラム > 3dプリンターでは金属のプリントは可能か

3dプリンターでは金属のプリントは可能か

 少数の特殊な機関でしか使っていなかった3dプリンターも今では市民権を得ています。一般企業の中にも導入をするところが増えてきました。金属のプリントアウトも出来るようになっているので、より幅広く利用をすることが出来るようになってきました。
 時間はかかってしまいますし、従来のインクの代わりとなる金属に関してもどういうものを用意すればいいのか分からない、ということがあります。金属をプリントアウトすることはかなり特殊なことのように考えられるので、コストはかかります。導入をしたいと考えているのであれば、どれくらいのコストがかかるのかということもチェックをしておくとよいでしょう。
 オンラインでもある程度のことをチェックすることが出来るようになっているので、事前に調べてから導入をするのかどうか判断をしてみるとよいでしょう。


 3dプリンターと金属のことを調べました

 プリンターと言っても色々ありますが最近では3dプリンターが流行しています。しかし個人的にはあまり使ったことがないのでどんなものかをインターネットで調べました。
 いろんなメリットもある反面デメリットも浮き彫りになっています。金属に関してはどうでしょうか。個人的には金属部品を作る事ができるという3dプリンターがでているので本当に便利な時代だなと感じました。やはり仕事をする人からみれば技術革新かもしれませんがまだまだこの技術革新は止まらないでしょう。
 金属だけではなく他にも3dプリンターを使えば簡単にいろんなものが作ることができるといえます。個人が導入するのはハードルが高いかもしれませんが中小零細企業が導入するには十分でしょう。これからの時代はこの手のプリンターがなければ会社は成り立たない事は言うまでも無いといえます。


 3dプリンターで金属を造形するのに利用される方法

 3dプリンターは医療など幅広い分野で利用することができる優れものだということができます。
ところで、この機械の中には金属を造形することができる機械も存在しています。この機械を使って造形する方法にはいくつかの方法があり、結合材を使用したバインダージェッティングや熱で溶かすやり方の熱溶解積層法などが挙げられます。
 ただ金属を形作る場合、液体になる温度が非常に高い理由から粉末焼結積層の方法で行うことになっています。粉末焼結積層の方法は粉状になっている金属にレーザーを当てて造形していくというスタイルであり、ナイロンでもこの方法で行うことができます。素材を溶かして造形する方法ではなく、レーザーで焼いて固めるという仕組みになっています。この方法は耐久力及び精度が高いものを作ることができるなどのメリットを有します。

カテゴリー

▲ ページトップへ