随時更新!金属3Dプリンターに特化したサイトなら金属3dプリンター制作会社の比較まとめ

TOP > コラム > 3dプリンターで金属をプリントアウトする

3dプリンターで金属をプリントアウトする

 3dプリンターを導入している企業はまだまだ少ないです。最近では金属もプリントアウトをすることが出来るようになっています。特に注目されることがあります。それが義肢、義手など障がい者スポーツのために3dプリンターを使ってプリントアウトをする専門業者があることです。
生活のための義手や義肢ではなく、スポーツのためのものとしてプリントアウトをしたものを使うので、よりフィットしますし、リーズナブルな価格で利用をすることが出来るメリットがあります。激しいスポーツを行うともなると、劣化も早くなってしまうことが考えられるので、出来るだけ丈夫でリーズナブルなものを購入したいと考えているのであれば、専門業者に相談をしてみるとよいでしょう。
実際にパラリンピアンの中には利用をしている人もいるようです。軽量と言う面もメリットです。


3dプリンターは金属粉末材料を溶かして造形する

 3dプリンターが登場してから、機能やデザイン確認のために、これまで数日、数週間とかかっていた試作品の外注が大幅に短縮されました。これを使って内製化することで、商機を逃さない迅速な製品開発が可能となります。
それだけではなく、試作やデザインなどの開発コストの削減になることはもとより、データやパソコンのモニターでは気がつかないデザイン上のミスを、金型投資前などの重要なポイントで容易に確認することが可能になります。ムダな開発コストを抑制することが期待できます。電化製品の外装部品などにひろく使われている汎用熱可塑性樹脂のABS樹脂が一般的ですが、金属3Dプリンターもあります。
ただ造形できる材料は今のところ限りがあります。
どんなものでも出来る訳ではないので本来の性能と違う場合も出てくるかもしれません。2000年頃から高出力化されたファイバーレーザーが登場し、バインダーなしの金属粉末材料を直接溶融し造形する事ができるようになり、さまざまな用途に適用されるようになりました。
高出力ファイバーレーザーの登場が、金属3Dプリンターの可能性を大きく広げたと言えます。


3dプリンターで金属製品を作る

 3dプリンターを活用することで、金属製品を作ることができます。普通の3dプリンターではプラスチックで作るため手軽にできますが、それを金属で作れるのでいろいろな場面で活用ができます。
例えば、模型を作るにしても、しっかりと設計図を作ってから行うことになります。そして、一番の特徴が溶接などの加工をしなくても形になるということです。もちろん、微調整などもできるため、高い精度で仕上げられるというメリットがあります。そのため、試作品を作るにしても完成度が高くできます。そして、金属の種類も色々とあり、用途に応じて選ぶことができます。
その中には、加工しやすいアルミニウムや銅やチタンなどもあります。対応している機器でなければ使うことができませんが、機器を選ぶときにはその点も注目しておく必要があります。最近は、外注で請け負ってくれる業者もあり、そちらを利用することによってより精度の高い品を作ることができます。

カテゴリー

▲ ページトップへ