随時更新!金属3Dプリンターに特化したサイトなら金属3dプリンター制作会社の比較まとめ

TOP > コラム > 3dプリンターで金属製のものは可能か

3dプリンターで金属製のものは可能か

3dプリンターを導入した場合、プリントアウトをすることが出来る素材に法則がある場合も考えられます。
金属製のものも今ではプリントアウトをすることは可能ですが、完成までに時間がかかってしまうことがあります。
どういうものであれば。
作成をすることが可能なのか、3dプリンターを実際に導入する前にチェックをしておくとよいでしょう。
一般家庭ではまだまだ利用をすることが出来ないことが多いですが、専門業者では必要となることがあります。
工業系の職場ではやはりあったほうがよい、ということがあるので、導入も検討されているでしょう。
最近では価格もリーズナブルになってきているので、導入しやすい環境にはなっています。
サイズも様々なので業種によってサイズの検討も行ったほうが好ましいです。
またプリントアウトにかかる時間に関しても事前に調べておくとよいでしょう。



3dプリンターで金属造形を行おう

自動車や飛行機など、様々な分野で金属の部品は使用されています。
その多くは金型を利用して製品を作ると言う工程ですが、近年では3dプリンターを利用して、完成品のイメージを明確に出来るようになりました。
3dプリンターの特徴は、何工程も必要な部品でも一度で造形する事が出来る為、時間や労力を大幅にカットできる点です。
3dプリンターは大きく分けて樹脂と金属に分かれています。
依頼を頼む時は必ずどの材料が得意なのかを業者ごとに調べておきましょう。
必要な物として、二次元図面を分かりやすく作図した物を用意しておきましょう。
モデリングが可能な場合、データ形式をSTLファイル、IGESファイル、STEPファイルなどに変換しておきましょう。
開発段階の製品、自社に技術者がいない場合、納期が間に合わないと感じた時は一度業者に相談してみると良いでしょう。



3dプリンターで金属を溶かすことで三次元が可能に

一般的には二次元でコピーすることがほとんどですが、金属を使うことによって3dプリンターが出来るようになってます。
コピーしたい物体を置いて、データを一枚一枚読み取って行くと同時に、金属を溶かして実物のものと同じ寸法で、コピー出来るシステムになってます。
3dプリンターは二種類あり、レーザーとビームで三次元として作り上げていくことが可能です。
3dプリンターを使うことで、まったく同じ形で仕上げることが出来ることから、幅広い金属製の素材を扱ってる会社で活躍されてます。
人ではないので24時間稼働し続けることも可能となってることが、最大の魅力ですね。
昔でしたら考えられなかったのですが、ITの技術の進歩によって現実に3次元でコピー出来るようになったことで、依頼される方の要望に最大限に応えてくれる画期的なシステムであることには間違いないです。

カテゴリー

▲ ページトップへ