随時更新!金属3Dプリンターに特化したサイトなら金属3dプリンター制作会社の比較まとめ

TOP > コラム > 3dプリンターのメリットとポテンシャル

3dプリンターのメリットとポテンシャル

 プリンターと言えば、一般的に紙に平面、二次元的な印刷を行うプリンターを指します。
 これに対して、3dプリンターとは、3DCADなどのデータを基に二次元に高さを加え、立体的な造形を行うことができる機器です。1980年代には既に開発、実用化されていましたが、まだまだ高価で、特殊な制御も必要としていました。
 しかし、最近では技術が進展し、価格も低価格化し、個人用のプリンターが開発されるなど、普及が進んでいます。


 3dプリンターの基本的な仕組みは、コンピュータ上で作成した3dデータを設計図として、その断面形状を積層していくことで立体物を造形します。樹脂に紫外線などを照射して少しずつ硬化させていく光造形方式や熱で融解した樹脂を積み重ねていく熱溶解積層法、粉末樹脂に接着剤を吹きつけていく粉末固着方式などの方法があります。
 3Dプリントは、金型や鋳型を製作しての造形と比較しても、設計段階での試作のように頻繁に形状を変更する場合などに適しています。
 最近では、3dプリンターで製作した、戦国武将の甲冑のフィギュアも販売されています。これまでも同種の製品が売り出されていましたが、3dプリンターで製作することにより、その精度が上がっており、リアル感がアップしています。
 材料は、合成樹脂です。
 しかし、その質感は甲冑を再現するのに十分ですし、コンピュータで細かいデータを作り込めばその通りに製作してくれ、量産にも対応しています。


 現在は、金属粉末を材料にした3dプリントも開発されています。金属部品の試作を、金型や鋳型の製作を省略できますので、迅速に作成できますし、コストの削減にもつながります。試作品としてのモックアップを作成するのみならず、実際の工業製品に用いられる部品にも採用されてます。
 複雑な形状や機械加工では困難な形状であっても、容易に造形することができます。溶接や接合でつなぎ合わせる必要があったものも、一体的に造形することができますので、完成度が高くなります。
 これにより、製造段階の限度やコストを考慮することなく、機能や性能を追求したデザインを導入することができます。完成度が高いため、デザインの確認はもちろんのこと、予定している性能や機能を発揮できるか、組み付けに支障がないかの確認にも最適です。
 また、プレゼンを行うときにも、完成版の完全な縮小版ですので、イメージもできます。ものづくり大国日本の復権に向けての切り札になる可能性を秘めています。

カテゴリー

▲ ページトップへ