随時更新!金属3Dプリンターに特化したサイトなら金属3dプリンター制作会社の比較まとめ

TOP > コラム > 3dプリンターの中には金属を使うものもある

3dプリンターの中には金属を使うものもある

 3dプリンターという新しいタイプの製品が登場しています。
これは、3dデータを読み込ませて、そのデータを実際の世界でも立体で表現しようという画期的な製品になります。
基本的には、データを現実化するときには樹脂を使います。
樹脂なら形が作りやすいですし、コストもかかりにくいです。
値段の安い製品は、ほとんどが樹脂を使ってデータから立体を生み出します。
しかし、中には金属を使って立体を表現する製品も登場してきています。
原理としてはまったく同じではあるのですが、完成品の耐久性などは全く違います。
やはり、金属で作られた立体のほうが頑丈ですし、長期的にも形を維持しやすいです。
他のものと組み合わせて使うときにも、剛性が高いほうが便利です。
まだ一部でしかこうした製品はありませんし、値段も高いですから一般に普及はしていませんが、今後はどんどんと改良や大量生産が行われて値段も安くなっていくと予想されています。



 3dプリンターは金属でも造形品質が向上

物体の三次元(3d)のモデルデータがあればそれを実体として出力できる3dプリンターがブームとなっています。
樹脂のプリンターでは使える量の種類が増え、強度や精度も向上してきました。
一般消費者でも手が届く10 万円程度のプリンターが市販されてきたことなどから裾野が一気に広がってきました。
一方で、金属の3D プリンターも造形品質が向上してきて、強度も鋳物と同等レベルのものが得られるようになっています。
今後も、スピードの向上、コストの低下によりエンドユースや実部品の生産にも期待が高まっています。
これまで加工上の制約などで実現できなかった複雑形状や軽量化、特異な強度を発現するなどの優れた機能部品の造形ができます。
これにより設計自由度が拡大されます。
ただ一度に造形できるサイズには限界があります。
市販装置では現時点で500 mm 角程度が最大です。
造形速度はまだ遅いです。
金属3Dプリンターが抱える課題は山積みしていますが、世界各国で莫大な資金が開発に投入されており10年後には期待が現実のものとなっているかもしれません。



 3dプリンターで迅速に加工できる金属

金属の財津は、3dプリンターを利用することで迅速に加工できるのではないかと考えられています。
ここ数年は、この傾向が如実なものとして見受けられるようになり、スピーディーにこうした材質のものを加工できる特徴が際立ってきています。
近頃では、3dタイプのプリンターが様々な方面で活用されるようになり、金属の物質を加工して新たなものを生成する動きも本格的になりつつあります。
多彩な業界や分野において、この特徴が際立ってきていると推測されていることから、話題のひとつとしてピックアップされているのではないでしょうか。
金属の加工に関しては、3dプリンターを積極的に利用していくことによって、これまで以上に高い頻度で実現されるものとみられています。
そのため、これからも、3dのプリンターでの加工が、より迅速に展開されることが期待されています。

カテゴリー

▲ ページトップへ