随時更新!金属3Dプリンターに特化したサイトなら金属3dプリンター制作会社の比較まとめ

TOP > コラム > 3dプリンターの素材を金属で造形できる

3dプリンターの素材を金属で造形できる

 3dプリンターという物が騒がれて、少し落ち着いた印象があります。理由は、多くが樹脂を素材とするため、活用範囲としては少ないと言えます。また、積層式のFDMなどは表面が荒く、フィギアなどの美術品としては活用が難しいところです。 しかし近年になって、素材に金属が使用できるものが登場しました。樹脂と比較し機械的強度が大幅に期待できるため、バイク、自動車の部品としても活用できます。 
企業用としても、鋳造部品の試作などが容易に製作できるため、多くの需要が見込めます。鋳造以上の高い精度が求められる箇所については、加工で対応すればよいでしょう。 と同時に、小ロット、ワンオフ物の受注が今後高まる見込みも期待できます。短納期で一品という注文にも柔軟に対応できるようになります。素材が金属になるだけで可能性が広がります。


金属加工を行う産業への3dプリンターの普及

 一般向けの樹脂3dプリンターは10万円ほどで買えるようになり、家電量販店などでも購入することができるようになりました。また、インターネットを介した造形サービスなども現れ、身近なものになってきています。産業の分野では工作機械に代わる加工方法として普及してきています。現在は工作機械で立方体か円筒形状の金属塊を削りだして作っている物を、3dプリンターでは粉末材料にレーザーを当てゼロから直接造形できます。そのため、今まで実現できなかった形状(中空形状など)を作ることができたり、製作期間の短縮ができるなどのメリットがあり注目されています。
あるメーカーでは工作機械の一部を3dプリンターに置き換えることで低コスト化や納期短縮を実現しています。しかし、現状では下記のような課題もあり大手メーカー以外での普及は進んでいません。・材料の制約がある(現在使用している材料と同じものが使えない)・精度が低い(工作機械に比べると劣る)・価格が高価(6000万~3億)徐々に価格が安くなり精度も上がってきているため、将来的には現在の工作機械による加工から置き換わっていくと思われます。


3dプリンターによる金属造形のメリット

 3dプリンターで金属造形をすると、製造現場ではとても簡単に試作品を作ることができます。スピーディーに試作品を作れるため、新製品の開発の時間を大幅に短縮することができ、開発コストも大幅に削減することが可能です。開発コストが低くなると商品の価格を下げることができ、他社との価格競争に勝利することに大きく貢献します。金型で製造した工業製品を改良する際には、金型を一から作り直すことが必要になりますが、3dプリンターによる金属造形だと、データを再入力するだけですぐに製品を改良することができます。
これにより、製品の改良をスピーディーに行うことができ、顧客からのクレームなどに迅速に対応することが可能になります。このように、開発スピードが大幅に向上することが、3dプリンターによる金属造形の最大のメリットです。

カテゴリー

▲ ページトップへ