随時更新!金属3Dプリンターに特化したサイトなら金属3dプリンター制作会社の比較まとめ

TOP > コラム > 3dプリンターを用いた金属造形

3dプリンターを用いた金属造形

 プリンターは、これまでパソコンで作成した文書などを紙に出力するための機器です。紙という二次元の媒体に、パソコンの内容を出力する機器です。
 これに対して、パソコンで作成した、立体物を表すデータを基に、樹脂などの加工して造形する機器が3dプリンターです。樹脂などの材料を噴出して、デジタルデータのとおりの立体物として、簡単に実体化することができます。
 立体物を作り出す仕組みは、簡単に言うと、プリンターヘッドを水平に動かしながら、樹脂などの材料をノズルから噴出して立体の断面にあたる層を形成し、固まった層を次々に重ねていくことで立体物を造形していくことになります。


 立体物を造形するためには、これまでは金型や鋳型を製造しなければなりませんでした。これには、経費もかかりますが、時間もかかります。
 金型や鋳型は、リューターやフライスやドリルで削り出したり、放電加工などにより手間暇がかかってしまいます。これを短時間で行うことができるのが、最大のメリットです。
 また、小さな部品でも誤差なく製作することができます。しかし、立体物の横面には積層目が、縦方向にはレーザー目が残ってしまいますので、そのまま使用することはできません。
 このため、軽い仕上加工が必要となります。この点では、まだまだ技術革新の余地があります。


 設計図を示しても顧客にうまく伝わらなかったり、また仮に苦労して立体物を製作したとしましても、顧客からの細かい注文による変更を簡単に行うことができません。
 しかし、3dプリントを行った場合、基のデータを変更するだけで簡単に新しい立体物を製作することができます。顧客の注文にも細かく対応できますし、場合によってはプレゼンの段階で、数パターンの立体物を提示できれば説得力があります。
 さらに、実際の製品が金属製品である場合、試作品を金属で提供できれば、より顧客にとってイメージしやすいプレゼンになります。3dプリントは経費的にはまだまだ高いものがありますし、精度や強度おも完全ではありませんので、直接製品化したり、量産化することには、さらなる改善が必要です。
 しかし、3dプリントの導入により、試作品の製造工程の時間が大幅に短縮したことにより、デザインや性能に対して検討時間を割くことができるようになります。これにより、モノヅクリの伝統も大きく変革する可能性があります。
 考え方を変えることにより3dプリントを有効に活用する方策の確立と研究が必要です。

カテゴリー

▲ ページトップへ